スポンサーリンク

巣ごもり中で美容院になかなか行けない!家でできるサロンおススメの白髪染め

おしゃれ
家,白髪染め,サロン,美容院,おススメ,簡単,

子育て中等で、美容院に頻繁に行く事が出来ない

でも、白髪が出てくるので月に1度は行きたい…

そんな時に、私の子供が小さい時にお世話になっていた美容師さんから、

家でも簡単にサロン並みの仕上げになる、白髪染を教えていただきました。

子育て中や巣ごもり中で、なかなか美容院に行くことができない方におススメします。

スポンサーリンク

おススメの白髪染めと染め方

ズバリ、おススメは千代田化学の「デラクシオ ミルフィ」です。

かれこれ、5年ほど使っていますが、美容院に行く期間を少なくても2週間は延ばす事ができます。

シルエットを気にしないで良い長さなら、1ヵ月でも可能ではないでしょうか。

美容院で行っているように、カラー剤(1剤)とデベロッパー(2剤)を混ぜて使うタイプの染毛剤です。

長女
長女

混ぜて使うなんて、難しくない??

カラー剤とデベロッパーは「1:1」の割合で混ぜて塗布するだけなので、素人でも難しい事はありません。

トウモロコシ由来のオーガニック成分をはじめ、天然由来成分が配合されているので、髪にも優しく、染め上がり後もまとまりがあって良い感じです🎵

必要なもの

・カラー剤(1剤)
・オリジナルデベロッパー(2剤)
・染毛用櫛
・ビニル手袋
・プラスチック等の容器 

白髪染めにおススメのカラーは、黒髪に近い濃い茶色の「6BB」です。

mama
mama

濃い色の方が、色ムラが目立ちにくい!

カラー剤(1剤)

私は短めのボブカットですが、1本で3回~4回染毛できます。

専用デベロッパー(2剤)

こちらは、1つあれば20回以上使えます。(ショートボブの場合)

染毛用櫛

業務用の櫛は500円以下で購入可能です。
100均の櫛等でも可能だと思いますが、1本でかなりの回数使えるので、業務用の櫛があると便利です。

ビニル手袋

手に染毛剤が付かないように、ビニル手袋を使っています。

容器

使い捨てのものや、家にあるいらないプラ容器等、何でも良いと思いますが、
私はジップロップのコンテナタイプのものを、洗いながら何度も繰り返して使っています。

塗布方法

塗布方法については、素人なので完全に自己流ですが、不器用な私でも染める事ができるので、特にコツはありません。

お風呂に入る前に染毛するのがおススメです。

裸の状態になってから染毛し、お風呂に入りながら放置して最後に洗い流しています。

1⃣顔周りや首にカラーが付かない様に、洗顔クリームやクレンジングクリーム等を塗っておく。

2⃣カラー剤(1剤)とデベロッパー(2剤)を「1:1」の割合で容器に出して、専用櫛で混ぜる。

量は、ご自身の毛髪量に合わせて、ご調整してください。
少量ずつ調整して、足りない場合は追加しても良いと思います。

※ショートボブの私の場合、1回でカラー剤の1/4程度使用しますのでご参考に!

3⃣手袋をつけて、髪の毛の気になる箇所に塗布する。

※この辺りは、素人なので本当に適当に塗布しています。
 ブロッキング等もせずに、毛根を中心に塗布しています。

4⃣20分程放置する。

5⃣シャワーで洗い流す。

おススメのポイント用白髪染め

お風呂で染める時間がなかなか取れない方や、
急なお出かけで数本だけ白髪が染めたい!という方におススメの、ポイント用白髪染めです。

ナプラ ケアテクト ポイントリタッチ

マスカラタイプのポイントリタッチができる染毛剤です。

化粧ポーチにも入るサイズと、おしゃれなデザインで持ち歩きもOK。

付けた後も髪が束になって固まらず、自然にカバーできます。

また、数日はカラーが定着するので、1週間程度ならこの1本でも乗り切る事ができます。

家でサロンの様に仕上がる白髪染めのまとめ

家でもサロンの様に仕上がるおススメの白髪染め
「デラクシオ ミルフィ」
リタッチ用の「ナプラ ケアテクト ポイントリタッチ」を紹介しました。

色等は、ご自身の好みで試してみてください!

尚、白髪がまだそれ程多くない方や、色味のバリエーションを楽しみたい方には、「ウエラ イルミナカラー」も、ネット購入ができておススメです!

mama
mama

明るい色だと、白髪が数日で目立ってきたので、

6の濃いめの色をおススメします!

染毛の方法も、「デラクシオ ミルフィ」と同様です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました