スポンサーリンク

特別展『昆虫』は昆虫好きの子以外も楽しめる⁉

STEM教育
昆虫展,自然史博物館,大阪,香川,昆活,科学博物館,

大阪市立自然史博物館で開催されている、特別展『昆虫』に小学3年生、1年生、年長、年中の2組の姉妹を連れて行ってきました。

普段から、特別昆虫が好き!という訳ではない女子たち。
果たして、楽しめるのかどうか、多少心配しながら行きましたが…

結果として、行って良かったです💛

女子でも楽しめるおススメのポイントをご紹介します。

スポンサーリンク

昆虫クイズを解きながら、すすむ。

Z会と提携しているクイズの問題が入口で配られます。
クイズは3問ですが、よほどの昆虫好きでなければ、会場をよくみなければ解けない、やや難しい問題です。
会場内に、ヒントマークもありますので、探しながら楽しめます。

全部回答すると、昆虫のイラスト付きのオリジナルファイルが出口でもらえます🎵

音声ガイド(別途500円)を借りる

音声ガイドを、小学生以上の子供と大人分を合わせて5機借りました。
会場内に20ヵ所あるポイントで解説してもらえます。
解説時間は、全部で約35分。聞きながら回って、1時間半ほどかかりました。

聞き逃したところは、何度も聞く事もできます。

大人はあえて全員つけずに、小学生の子供には、『音声ガイドで聞いた内容を教えてね 』 と伝えておきました。

内容は、大人向けなところもあり、少し難しい箇所もあった様ですが、理解できたところを、伝えてくれました。

mama
mama

聞いた内容、ママにも教えてね!

長女
長女

ママ!シロアリってアリの仲間じゃなくて、ゴキブリの仲間なんだって!!

音声ガイドの番号を探しながら、隅々まで見る事ができるので、特に小学生以上の子にはおススメです。

mama
mama

ヘッドホンが、子供には大きすぎたのでもう少し小さいサイズがあると良かったです。
我が家の4歳児には、内容が少し難しかったかも…

「Gの部屋 」 では、珍しいテントウムシに擬態したゴキブリや、背中にスマイルマークのニコニコゴキブリ等、珍しいGがいます!この辺りなら、お母さん達も抵抗なく見れるのでは??
尚、「Gの部屋 」 は迂回できますので、どうしても駄目な方は避けて通れます。

お土産の昆虫グッズ

お土産エリアには、可愛くてお洒落なグッズや、昆虫採集に役立つ商品が色々あって、お買い物も楽しめます。

隣の自然史博物館の入園料が無料!

昆虫展の入場チケットで、隣接する自然史博物館の入園料が無料で入れます。

ここでも、受付でクイズを配布しています。
こちらは、5問のクイズが出されますが、
4人分もらったところ、全員クイズの内容が違いました。
みんなで協力し合って、クイズを解くのも楽しいですよ。

ゴールスタンプをもらうと、ディメトロドンの骨格の絵葉書をプレゼントしてもらえました💛

自然史博物館内に、昆虫展のフォトスポットもあります。

まとめ

特別展『昆虫』と自然史博物館、途中昼食をとって、約5時間滞在しました。

昆虫が好きな子はもちろん、そこまで興味のなかった子でも楽しめました。

天候に左右されずに楽しめる、特別展『 昆虫 』をおススメします🎵

特別展『昆虫』
場所: 大阪市立自然史博物館 ネイチャーホール 2F
住所: 〒 546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23
日程:2019年7月13日(土)~9月29日(日)9:30~17:00
   ※最終入場は16:30まで

■休館日
7月16日(火)、22日(月)、29日(月)
8月19日(月)、26日(月)
9月2日(月)、9日(月)、17日(火)、24日(火)
料金:
大人 1,400円(1,200円)
高大生 800円(600円)
中学生以下 無料
※()は20名以上の団体料金および前売料金(前売券は6/1~7/12まで販売)
※就学前児、障がい者手帳をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料(要証明)
※特別展入場料で、自然史博物館常設展も入場可

コメント

タイトルとURLをコピーしました