スポンサーリンク

鬼ヶ島の舞台、女木島に子連れで行ってきました。海水浴もできる♪

おでかけ
鬼ヶ島,女木島,子連れ,旅行,海水浴,四国,穴場,瀬戸内芸術祭,関西,

桃太郎のお話の中に出てくる、「鬼ヶ島」の別名を持つ、香川県の女木島に子供を連れて行ってきました。

大人も子供も楽しめる、鬼ヶ島でゆったりと過ごす1日。

高松港からフェリーで20分と、意外と気軽に行けます。

スポンサーリンク

「鬼ヶ島大洞窟」へのバスの乗り方

フェリーを降りてすぐの案内所から、「鬼ヶ島大洞窟」行きのバスが出ています。

フェリーが到着して、間もなく出発になるので、「鬼ヶ島大洞窟」を目指す場合は、すぐに案内所でバスのチケットを購入しましょう!

バスは2時間に1本なので、逃さない様に要注意です!!

バス以外に、レンタルサイクルや徒歩で行く方法もありますが、

山道を登って、バスなら約10分、自転車でも約25分かかるそうですので、子連れの場合はバスをお薦めします!

バスからのルートのところどころに、鬼の像が立っていて、鬼を探しながら行くと楽しいですよ🎵

「鬼ヶ島大洞窟」に到着

バスから降りて、帰りのバス便まで約35分あります。

そのバスを逃すと、次のバスは2時間後…。

洞窟をゆっくりと見ていると、あっという間に時間が過ぎてしまうので、時間配分には注意です!

mama
mama

洞窟を出たら展望台もありましたが、今回はタイムアウトで断念!

バス停を降りると、早速鬼が待ち構えています!テンション上がります。

洞窟の入口は、こんな感じ…

洞窟の中には、沢山の鬼や、鬼の会議室、宝の隠し場所、等

桃太郎のシーンも、再現されています。

洞窟内に沢山配置されている、鬼瓦のモチーフは、2013年に開催された瀬戸内国際芸術祭に参加したアート作品「オニノコ瓦プロジェクト」で、伝統工芸士と中学生がコラボして制作した作品だそうです。

一つ一つ、表情が違っていて面白いです。

出口を振り返って、上の方を見ると、柱状節理を見る事ができます。

これは、約1400年前に起こった火山によってできたもので、溶岩が五角や六角の柱状を束にした様な形状で並んでいます。

高松市の指定天然記念物に指定されており、学術上では非常に価値の高いものらしいので、大洞窟散策の最後に見られて良かったです🎵

長女
長女

洞窟の中は、夏でも涼しいよ!

鬼ヶ島海水浴場

鬼ヶ島大洞窟を探索した後は、海水浴場へ。

船着き場から、徒歩5分程で到着します。

こじんまりとしていますが、無料のシャワー(温水無し)や鮫よけの網も張ってあり、小さい子連れには丁度良いビーチでした。

魚やカニ、クラゲ等の生き物もいたので、網を持って行く事をお薦めします。

また、ビーチの周りには雰囲気の良いカフェやBBQ場もありました。

瀬戸内国際芸術祭の作品

芸術祭の時期ではなかったのですが、芸術祭の作品が島内でいくつか見る事ができました。

子連れ女木島に持って行くとよいもの

フェリーで行くので、持って行ける荷物は限られますが、我が家は海水浴も目的の一つだったので、

・簡易ポップアップテント
・レジャーシート
・クーラーボックス
・水着、サンダル、タオル
・虫取り網、バケツ、浮き輪
・日焼け止め、虫よけ

等を持っていきました。

鬼ヶ島大洞窟に行っている間は、バスのチケット売り場で荷物を預かって頂けました。

以上、鬼ヶ島(女木島)子連れ旅行の参考になれば!

フェリーやバス便の確認はこちらのサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました