スポンサーリンク

土屋鞄ランドセルの無料ワークショップは楽しい。~ラン活中じゃなくても!~

手作り
土屋鞄,ワークショップ,無料,楽しい,おススメ,関東,関西,名古屋,

ランドセルメーカーで有名な土屋鞄。

素材へのこだわりが詰まった、 シンプルなデザインが素敵なランドセルです💛

うちの長女も土屋鞄のランドセルを使っていますが、
年中の次女がそろそろランドセルを選ぶ時期が近づいてきたので、

土屋鞄のショールームをお邪魔するついでに、ワークショップ(無料)を申し込んで行きました!

2か月に1度、ワークショップの内容は変更するそうで、何度も足を運んでいる人もいるそうです。

我が家は、2回目の参加でしたが、子供達が職人気分を味わえてとっても楽しいですよ!

スポンサーリンク

ワークショップに参加出来る人

小学生以下であれば、誰でも参加できます。

保護者は同伴して、一緒に見守るかお手伝いを。

mama
mama

土屋鞄を使用していない小学生でも、もちろん参加できます!

開催店舗

全国10店舗で開催しています。

仙台店

中目黒店 南大沢店 南町田店

横浜店

名古屋店

大阪店

神戸店

広島店

福岡店

mama
mama

お近くにあれば、是非!

申込方法

ホームページから、申し込みができます。

開催店舗と日時を選択して、保護者の名前や連絡先を登録します。

ワークショップの内容

今回体験した内容は、『自分だけの「色 」 で革メダルを作ろう』という企画でした。

土屋鞄HPより

1⃣はじめに、職人さんの様なデニムのエプロンに着替えます。
 これで、気分はランドセル職人!

2⃣全員揃ったら、いよいよスタート!今回は5名一緒に体験しました。

初めの導入は、

店員さん「この色は何色? 」

次女
次女

赤!

店員さん「赤ってどんなものがある?」

長女
長女

りんご??

等と、色々な色について、どんなものがあるか意見を出していきました。

3⃣次にクーピーの中から、自分の好きな色を3色選んで、1色ずつ紙に塗ります。

その後、その3色を使って、メダルの真ん中に来る色を作ります。

4⃣メダルの革の部分とリボンの色を選びます。

革の中心に空いている穴の形は3種類から、リボンも3色から選べます。

5⃣ランドセルに使われているDカンというパーツにリボンを通して…

6⃣残りの金具もつけたら、仕上げはトンカチでトントントン!

次女
次女

職人さんみたいでしょ??

7⃣最後にリボンを通して、ブローチ用のピンをボンドで付けたら・・・完成!

長女
長女

可愛くできたね!

ランドセルを買わなくても参加できる?

今回はランドセルの販売開始前の時期に行ってきましたが、

販売時期のご案内等はありましたが、 ワークショップ中はもちろん、ワークショップ後も全く勧誘はありません

ラン活中で興味があれば、ランドセルを背負ってチェキで撮影してくれるサービスもあります。

土屋鞄のワークショップは、土屋鞄ブランドの「ファン作り」を目的としたワークショップだと推察されますので、

ランドセルを購入予定が無いお客様でも、純粋に楽しめます!

是非、一度お子様と参加してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました