スポンサーリンク

自由研究に簡単!おうちで卵の殻が酢で溶けるか実験してみました。

実験
自由研究,簡単,おススメ,卵の殻,酢,溶ける,酸性,科学実験,キッチン科学,酢卵,

『小学館の図鑑NEO 科学の実験』を購入してから、おうち実験にはまっている娘と一緒に、卵の殻を酢で溶かす実験をしました。

酢は酸性の液体で、いろいろな物を溶かすはたらきがあります。

酢に溶けるものの一つに、卵の殻があります。そこで、本当に卵の殻が酢で溶けるのか、酢につけておくとどうなるのかを子供と一緒に実験しました。

スポンサーリンク

用意するもの

  1. 透明なプラスチックコップ
  2. ラップ
  3. 輪ゴム
長女
長女

今回、急に実験したくなったので、家にある純米酢と赤卵を使いました。

プラスチックコップの代わりに、透明のガラスのコップを使いました。

実験方法

  1. コップに卵を入れて、卵が沈むくらいの量の酢を注ぐ
  2. コップにラップをかけて、輪ゴムでふたをします。冷暗所で3日ほど、酢にすけたままにしておくと、からがとけます。
『小学館の図鑑NEO 科学の実験』より

実験の経過

①酢にいれると、すぐにからの表面から二酸化炭素の泡がでてきます。

酢とからに含まれる炭酸カルシウムが反応して、二酸化炭素が出ます。

数時間後に、赤卵の茶色い部分が溶けて剥がれてきました。

長女
長女

茶色の皮が浮いていたので、すくってみたら、ねっとりしていました。

②3日間、置いておいた卵は、少し膨らんでいました。

泡の量は、初めより少なくなっていました。

酢につけていない卵と比べると…色も大きさも違います。

触った感触は、ゴムまりの様でした。

左:酢に付けた卵、右:何もしていない卵

割ってみると、普通の卵より水分が多く、水分は酢の味がしました。

卵の黄身は、固くなって半熟卵の様になっていました。

上が酢につけた卵で、下が通常の卵

実験結果と感想

卵の殻が二酸化炭素を出しながら溶けていく様子が見れて、なかなか面白かったです。

溶けた後の卵が膨張していて、感触も全然違うので、子供も理解しやすい実験だと思います。

白い卵を使うと、卵の殻が溶けて半透明になり、中の黄身等の様子を見る事が出来るそうですが、今回は赤卵を使ったため、半透明にはなりませんでした。

その代わり、赤卵の色の部分が剥がれていく様子が観察できました。

色々な卵や酢で試してみると面白いかもしれません!

酢卵の食べ方

『小学館の図鑑NEO 科学の実験』によると、できた卵はたべないでくださいと注意書きがありますが、

『酢卵』は健康食品として、動脈硬化研究の世界的権威、板倉弘重先生がフジテレビの『バイキング』でもご紹介されていた…と言う事で、食べてみました。

そのまま飲むと、酢の味が強いので、オリーブオイルと塩こしょうを混ぜて、ドレッシングにしました。

最近、子供達が良く食べてくれるパンサラダにかけたところ…

だれも酢卵とは気づかずに完食!

その後、誰も体調を壊していないので、我が家ではセーフでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました