スポンサーリンク

すイエんサーの肉まんをつくってみました。

STEM教育
すイエんサー,肉まん,作り方,簡単,炭酸,レシピ,

すイエんサーでたった15分でできる肉まんが紹介されていました!

肉まんって結構手間がかかるイメージですよね。

それを15分で…。

すイエんサー

その秘密は、「パン粉」「炭酸」を使うこと。

・肉まんの生地と「パン粉」で使われている材料がほとんど同じ
・炭酸を混ぜて温めることで、炭酸の泡が広がりふわふわになる

その為、肉まんと同じようなふわふわの生地ができるそうです!

そして、具材は既製品を使って時間短縮!

ということで、早速娘と一緒に作ってみました。

スポンサーリンク

すイエんサーの肉まんの材料

材料 (ミニ肉まん6個分) ※半量で3個分もできます
パン粉…大さじ10
炭酸…大さじ6

具材
シュウマイ
唐揚げ
あんこ、若しくはアンパン

炭酸はサイダーを使いましたが、番組ではラムネを使っていました。味は少し影響しますが、炭酸であればとりあえず出来そうです。
パン粉は、いつもよりちょっぴりお高めの無添加パン粉を買ってみました!


焼売と唐揚げはスーパーの既製品を利用。
焼売は、ミニサイズのものが包みやすいです。

あんまんは、番組では小さいアンパンを丸ごと包んでいましたが、売っていなかったので、チューブのあんこで代用しました。

すイエんサーの肉まんの材料作り方

1⃣ボールにパン粉を大さじ6と炭酸大さじ3を入れて、よく捏ねます。

2⃣一つにまとめて、ざっくりと6等分に分けておきます。

3⃣ラップに1個分の生地をのばして、好きな具材を置いて包みます。

包むとかなりミニサイズになります。直径3~5㎝くらい。

ラップに生地を丸くのばして、具材をおいて包み、先をちょっとひねります。

4⃣サランラップに包んだまま、電子レンジで150Wか200Wで10分加熱します。

※低温でじっくり加熱するのがポイントだそうです。

間違って、デフォルトの500Wや600Wで加熱しないように注意してください!

出来上がり

焼売入りの肉まんです↓
かなり、肉まんに近い味!
生地がモチモチしていて美味しいです!

サイダーの甘味も、肉まんの生地の甘味に近い気がします。

あんこ入りのあんまんです↓
肉まんの生地に、あんこが最高にあってます!

最後に唐揚げまん!

これも、間違いない味です。

ただ、生地からはみ出ていたところは、固くなってしまいました💦

感想

パン粉と炭酸飲料だけで、本当に肉まんの生地にかなり近い味になりました。

分量は、テレビで行っていた倍量の、
パン粉大さじ10、炭酸大さじ6
で作る事をおススメします。

上記の分量で、しゅうまい、唐揚げ、あんこのミニ肉まんが2個ずつ作れました。

生地は、捏ねている時は少し緩めに感じますが、加熱するとそこまで気になりません。

mama
mama

具材は、色々試しても面白いと思います!

長女
長女

ピザまんとか、チョコまんとかできそう♡

mama
mama

家にあるもので、手軽に作れるので、おやつに是非試してみてください🎵

これまでのすイエんサーでつくってみましたシリーズはこちら↓

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

  3. […] […]

  4. […] […]

  5. […] […]

  6. […] […]

タイトルとURLをコピーしました