スポンサーリンク

冬休みに真夏の国に行く時の持ち物リスト-子連れ編-

おでかけ
オーストラリア,ハワイ,バリ,ニュージーランド,インドネシア,シンガポール,子連れ,海外,冬休み,持ち物,

今年は、冬休みに家族旅行で南半球のオーストラリアに行ってきました。
数年前には、バリにも子連れで行っています。

子連れ(小学生・幼児)旅行で、持って行って良かったもの。

持って行けば良かったもの、いらなかったもの。についての覚書です。

これからご旅行の方のご参考になれば!

スポンサーリンク

子ども用の衣服

夏物の衣服 宿泊日数分(洗濯をする場合は、マイナス一日分)
 ※宿泊日数が多い場合は現地でも購入可能なので最低2日分あればなんとかなります。
 ※冬服は、行きと帰りを同じものにすれば持って行く必要はありません。

スニーカー
 ※熱帯雨林や、動物園等に行く場合はスニーカーが良いと思います。

ビーチサンダル
 ※街中やプールサイドでは、ほとんどビーチサンダルで過ごしていました。

夏物の下着 (シャツ・パンツ・靴下) 宿泊日数分
 ※ビーチサンダルで過ごす事が多かった為、靴下は日数分無くても良かったです。

夏物のパジャマ
 ※子ども用のパジャマ類は、ホテルに用意されていない為、必要です。

ナイロンの薄手アウター
 ※防水タイプだと、急な雨にも対応できますし、クーラーがかかっているところは肌寒いので、1枚あると便利です。

紫外線防止グッズ

帽子
※雨季の場合は、水に塗れても大丈夫な素材の帽子の方がおススメです。現地でも購入可能

サングラス
※日差しが強いので、現地で初日に購入しました。

日焼け止め
 ※オーストラリアは、特に紫外線が強く皮膚がん発生数も多いという事だったので、小まめに塗っていました。SPF50以上が良いそうですが、子供用に塗りやすい、以下のタイプを持って行っていました。

mama
mama

ジェル状でベタベタせず、塗りやすいのでおススメです。
値段もお安い!

mama
mama

こちらは1000円以下で、SPF50+!

海・プールに行く場合

水着・ラッシュガード

※プール付きのホテルや海で遊ぶ予定であれば、必須です。

アクアシューズ
 ※町ではビーチサンダルを、海ではほとんどアクアシューズを着用していました。

水中眼鏡

□浮き輪
 ※私は持って行っていませんでしたが、子供達が使いたがって大変でした💦

乳児がいる場合

□紙おむつ
 ※嵩張りますが、圧縮袋に入れて持っていきました。現地でも購入可能です。

□哺乳瓶、粉ミルク

□抱っこ紐

□ベビーカー
 ※我が家の場合は、持っていかずに車をチャーターしていました。

□おしゃぶり
 ※使用するかどうかは賛否ありますが、飛行機の中等であると便利です。

□離乳食・おやつ等

その他 あると便利なもの

□衣類用圧縮袋(100円均一)
 ※衣類は、行きも帰りも圧縮袋に入れていきました。便利です!

□洗剤
 ※私はウタマロ石鹸で乗り切りました。

□耳栓・アイマスク・ネックピロー
 ※飛行機の中であると便利です。
 JETSTARでは、有料で耳栓・アイマスクセットを販売しています。

特に、耳が「キーン」となりやすいお子様には耳栓がおススメです!

飛行機の中での暇つぶし(本・ゲーム・お絵描きセット)

常備薬
 ※普段使っている常備薬、塗り薬等は忘れずに!

□酔い止めの薬

mama
mama

次女5歳が海で船酔いになって大変でした💦
現地では6歳以上でないと服用できないタイプしか売っていませんでしたが、こちらは3歳以上で服用可能です。

□海外Wifi
※無料 Wifi とデータローミングだけでも過ごせましたが、
3泊5日で6千円程かかった事を考えると、初めに使い放題のWifiを申し込んで行くべきだったと反省しています💦

以上、ご参考になれば!

旅行を楽しんできてください🎵

エアトリなら、海外航空券+ホテルがお得に予約できます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました